専門業者に依頼しよう【仕上げが丁寧な金型メーカーのサービス】

記事一覧

依頼を出す前に

作業員

確認するべき各要素

金型は制作するのに要する金額が大きく、当然ですが慎重に依頼を検討する必要があります。まず、本当に金型が必要であるかどうか、標準品などで代用できないのかを検討しましょう。新製品を企画するにあたって、個性やデザインを重視するにあたり、新たな金型で部品から目新しいものを、と考えたくなる気持ちは分かりますが、上述したように金型の制作には非常にコストがかかります。必要以上にコストを膨らませない為にも、金型の必要性についてまず真剣に検討するべきでしょう。次に、材質についてですが、これはその使用方法に合わせて決定されます。完成した金型を使って、一度に製造する数、製造に使用する成形機の仕様などから使用するのにどの程度の強度が必要かが検討され、そこに合わせた材質が選ばれます。もちろん、大量生産や長期間の使用が見込まれる場合は同じものが複数必要となる場合もあるでしょう。その場合はその分コストも大きくなります。そのため、予算に見合った品質と生産性の両立を模索することが必要です。依頼する金型の仕様が決定した後は、製造依頼を出す金型製造業者の決定が必要となります。相手業者の技術や専門知識、製造実績をある程度調べ、仕様通りの製造が可能であると判断してから、見積もり依頼を出しましょう。見積書が届いてからも、その品質、耐久性や寿命が求めている基準を満たしているかを確認することを忘れてはいけません。価格については、品質基準を満たせているかを確認した上で比較検討しましょう。一つの業者にしか見積もりを依頼できない場合には、その業者が過去に製造した類似金型の製作見積もりと比較することで妥当性を確認できます。金型は企業における重要な資産となります。制作費用だけでなく、その必要性、品質など、実際の生産開始から将来不要となり廃棄するところまでを想定し、慎重に制作依頼を出すべきでしょう。

Copyright© 2018 専門業者に依頼しよう【仕上げが丁寧な金型メーカーのサービス】 All Rights Reserved.